Sparky と お友達

Sparky と お友達の遊び場です。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  16

うめちゃん

うめちゃんです。

8月8日生まれの女の子です。体重は3.6Kgです。やっとお外に出れるようになりました。皆さんよろしくね。

うめちゃん2


うめちゃん1


うめちゃんのそばにはすっかりお兄さんになった空くんがいて、見守っています。

空くん

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  15

こむぎちゃん

今日は、こむぎちゃんを紹介します。
僕がいつも行っている芹沢公園にはあんまり遊びに来てくれません。
お家は空君のお家に近くて、空君は公園まで来てくれるけどけっこう遠いからしかたないね。でも僕がこむぎちゃんのお家の近くの広場に行くと会うことができます。
こむぎちゃんのお母さんから写真を頂きました。承諾は得ていないけど、こむぎちゃんとお母さんごめんなさい発表させてください。

こむぎちゃん、すんごいね。飛んでいるように見えるね。

komugi_2_small.jpg


komugi_1_small.jpg

別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  14

天国からの手紙

dog


これはアメリカはテキサス州サン アントニオで本当にあった、すてきな物語です。

去年の8月23日、スクリブナー家で飼われていた14才のアビィが病気でなくなりました。この家の4才になるメレディスちゃんはとても悲しがり、次の日も泣きつづけていました。
でも、やがてアビィのことを思いやる気持ちになり、アビィが天国で幸せに暮らせるように神様に手紙を出したいと母親にいいました。
それがこの手紙です。

はいけい かみさま
うちのアビィにとくべつやさしくしてください、おねがいします。アビィはきのうしんでてんごくにいます。アビィがいなくなってみんなさびしいです。びょうきになっちゃったけど、かみさまがアビィをうちのこにしてくれてよかったです。ぜったいにアビィとあそんであげてください。びょうきになるまえはボールあそびとおよぐのがすきです。しゃしんをいれますから、てんごくでアビィにあったらうちのたいせつないぬだってすぐわかるからみつけてください。でもやっぱり、とてもさびしいです。

メレディス クレア

ついしん : まだおてがみかけませんから、おしゃべりしたのをおかあさんにかいてもらいました。


メレディスちゃんは天国は遠いところなのでいっぱい切手がいると考えたのでしょう、封筒にたくさんの切手を貼りました。母親のジョイさんは、「神様に手紙をだすなんて馬鹿なことはやめなさい」とはいいませんでした。娘の気持ちを大切にしたいジョイさんは、ブルック ホロー郵便局でこの手紙を投函しました。手紙の宛先には「天国の神様へ」と書きました。

数日が経ち、「おかあさん、てがみもうついたかな?」「そうね、着いたかもね。」という会話が交わされるようになった頃、スクリブナー家の郵便受けに金色の紙で包装された小包が届きました。宛名には見慣れない筆跡で「メルちゃんへ」と書かれています。
小包の中には、あのメレディスちゃんの手紙が入っていて「宛先不明につき配達不可」という郵便局のスタンプが付いていました。「ペットが天国に行くとき」という一冊の本も入っていました。後でわかったのですが、この本にはペットを亡くした子供たちの悲しみが紹介されていて、ペットを亡くして悲しむのは自然なことであり、それこそペットを亡くした心をいやす方法であると書かれていました。もう一つ入っていたものがありました。それは一通の手紙でした。

親愛なるメルちゃんへ

アビィは天国に無事について元気でいるから安心しなさい。送ってくれた写真のおかげですぐにアビィだってわかったよ。ありがとう、ほんとうに大助かりだった。
メレディスちゃん、アビィの病気はもうすっかり治ったよ。アビィのたましいは神様といつも一緒だし、君の心の中にもずっといてくれるからね。天国でも元気に走ったり、遊んだりしているよ。アビィは君の犬でいられてほんとうに幸せだったんだって。アビィのことを気にかけてくれたやさしいメルちゃんには神様から本をプレゼントしよう。この本を読んでメルちゃんの悲しい気持ちが少し楽になってくれたらうれしいな。それとね、送ってくれたお手紙と写真はアビィをいつでも想い出せるようにメルちゃんに返すことにしたよ。天国では神様もそうなんだけど誰もポケットを持っていないくて、しまっておくとこがないというのもあってね。

この手紙は天使に書いてもらいました。
こころのきれいなメルちゃん、とてもすてきなお手紙ありがとう。そのお手紙を送ってくれた君のおかあさんにも感謝します。すばらしいおかあさんだね。それは分かっていたけどね、だって神様がメルちゃんのために特別に選んだおかあさんなんだから。

いつも天国からメルちゃんのことを見守っているからね。
神様とこの手紙を書いた天使より愛をこめて


神様や天国を信じているメレディスちゃんは、神様から返信をもらっても驚く様子が見えませんでした。この女の子の心は神様から送られた手紙と本のおかげで次第に癒されていきました。
ジョイさんはブルック ホロー郵便局に小包みの送り主を聞き出そうかとも思いましたが、やっぱりそれはしないことにしました。「わざわざ本まで送ってくれるなんて、思いつきはしても誰でもできることじゃないと思います。どなたなのかわかりませんがやっぱり天使なんですよ。郵便局の天使です。」


ほんとうにあった話です。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Sparky と お友達 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。